【検証】英会話の習得を目的に、英語字幕で洋画を見てみた

座って作業する女性

【検証】英会話の習得を目的に、英語字幕で洋画を見てみた

映画や洋画ドラマが英会話や英語学習にとって役に立つと思っていましたが、この方法を実際にしっかりとやってみたことがありませんでした。やってみたことがあったのですが、途中で挫折することがあったので、徹底的にしてみようと思います。

そして、検証結果と感想をお伝えしようと思います。この方法をしてみようと思う人も結構な数がいるのではないでしょうか?

どの映画を見るか

基本的には、自分の好きな映画が良いと思ったので、自分の好きな映画を選ぶようにしました。ターミネーターシリーズやアクション系が好きなのですが、専門的な言葉が多かったりしたのでヒューマンドラマ系のものを得選ぶようにしました。

次に紹介しているのは、試してみた映画2作品です。過去に失敗したのは『バーレスク』で、今回挑戦してみたのが、『マンマ・ミーア』という映画です。

バーレスク『Burlesque』

過去にクリスティーナ・アギレラが主演を演じる『バーレスク』でセリフを覚えようと試みたことがあったのですが、早口過ぎてついていけなかったこと、時間的な余裕がなかったことなど色んな敗因があるのですが、挫折しました。

女性向きな映画だと思いますが、とてもオススメです。ガールズサクセスストーリーとでもいうのでしょうか、アメリカンドリームを実現していく女の子の強さや、可愛さ、セクシーさがよく表現されていて、見ると気分が爽快すると同時にカッコイイなという思いでいっぱいになります。

マンマ・ミーア! 『MAMMA MIA!』

 今回は2009年に公開された映画マンマ・ミーアで、過去に面白かったなと思ったので挑戦してみました。ミュージカル映画です。

ストーリーの概要としては、まずギリシャのカロカイリ島と言われる島が舞台となっています。父親を知らずにシングルマザー(メリル・ストリープ)と育った娘(アマンダ・セイフライド)が、結婚式を挙げることになります。娘が母親の元カレ3人を結婚式に招待したことによって、はちゃめちゃな展開になっていく、という感じです。

作中のミュージカルでは日本人もよく知っているABBAの曲が使われているので、字幕映画にはもってこいかなと思ったのでこれにしました。

映画を使った英語学習の方法

映画は実際に話している言葉を会話形式で聞ける、見れるという利点があります。映画で英語を学習することはあくまで、リスニングやリーディングのインプットの要素が強いと個人的には思います。

というのは、スピーキング・ライティングと言ったことはほとんどできないためです。スピーキングに関して強いて言うとシャドーイングなら学習は可能ですね。

以前はスピーキングも良い練習になるのではないかと考えていたのですが、結局のところ、相手がいな状況でするわけですから、シャドーイングしてセンテンスや単語を覚えるということに終始してしまいがちなので、インプットの学習となります。

ただし、アウトプットをするためにはインプットがないとできません。そのために、英語字幕を見て英語を積み重ねていくという学習は、良い勉強方法だと思います。

英単語・フレーズを集める

まず、『マンマ・ミーア!』見て初めに手を付け始めたのが単語とフレーズを集めることです。そして単語・フレーズが含まれているセンテンスを役者の真似をして発音(シャドーイング)してきます。

最初から最後まで集めていくとフレーズ含めて約400語の分からない、もしくは知っているけれども記憶が危うい単語・フレーズを集めるとそれくらいになりました。

もし、英単語帳を購入すると大体、1000~2000語くらいが中心なので、一つの映画で単語帳の20%~40%を拾えたことになります。しかも、自分の知らない、もしくは自身のない単語のみです。

英単語を一冊終わっている状態であれば、こういったやり方の方が単語を効率的に覚えていけるんだと思います。

ただし、シャドーイングも含めてしていくので結構時間がかかりました。1時間45分ほどの映画でしたがウェブ辞書で毎日1時間ほど作業して10日程度かかりました。また、映画の場合は口語であることや、スラングも多く含まれています。

シャドーイングしながらセリフを覚える

集めた単語・フレーズを参考にしながら、シャドーイングしてきます。できれば、セリフを覚えながらしてきたいので、初めはセリフが見えるシーンで一時停止をして自分で発音してきます。

楽しみも含めてやっていきたい場合は、映画を停止せずにできるところをシャドーイングしていきます。

そしてこれを何度も繰り返し、少なくとも3回、できれば5回以上はしてきたいですね。

まとめ

映画で英語を学ぶためにやるべきことは単語・フレーズを覚えること、シャドーイングしていくこと。これが私が実践した英語字幕を使った英語の学習方法です。先ほども言いましたが、インプットの要素が多いので、実際に使えるようになるまで何度も繰り返してする必要があります。

単語・フレーズ集めだけでも結構時間がかかりますが、やった分だけ力が付くような感覚もあります。今後も時間があればしてきたいですね。

Follow me!

【検証】英会話の習得を目的に、英語字幕で洋画を見てみた” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です