マルタに行く前に、流行りの音楽を聴くべし

music live

マルタに行く前に、流行りの音楽を聴くべし

マルタに行くと、色んなところで音楽を聴こえてくることがあります。1ケ月くらい滞在すると同じ音楽が常に流れているなという感覚になることもありました。

マルタに行く前に世界中で流行っている音楽を聴いておいた方が良い理由としては、いくつかあります。

マルタに行く前に音楽を聴いておいた方が良い理由

食事やパーティーに呼ばれたときに、必ずと言っていいほど誰かが携帯用のスピーカーを持っていて、音楽がかかります。ノートパソコンやスマートフォンで選曲をしている光景はよく見かけます。周りの雰囲気に乗り遅れないことや、曲が好きかどうかの会話に乗り遅れないためにも、音楽は知っておいた方がいいと思いました。

また、語学学校に行く人は音楽について様々なレッスンを受けることになると思います。音楽に関するディベートや、音楽を使って単語やリスニングの練習をすることがあるからです。

私は音楽はあまり聞かないので、マルタに行ってから少し苦労したこともありました。「この曲はしらないな」と言うと、『えっ!こんなに有名なのに?』というやり取りを何回かしたことがります。

そのため、Youtubeで授業で聞いた音楽や、今流行ってい入る音楽を聴くようにしていました。

Youtubeでの曲の探し方

再生回数が多ければ多いほど、その曲(動画)が流行っていることを表しています。なので、授業で習った曲や知っている曲を検索して、再生回数の多いものが最近はやっている曲だということが分かります。洋楽の場合は世界中で聞かれているため、何百万回、何千回万ではなく、何億という回数になるものもあります。

Youtubeは今のところ若い世代の利用がほとんどだと思うので、過去に流行っていた曲は比較的少なめです。

そして、その曲を聴いてみると、聞いたことがある曲だったり、聞いたことがないけど良い曲だなと思うことがほとんどでした。当たり前と言えば、当たり前ですが。

そして、その曲の歌詞を知りたい場合は検索するときに「(曲名)lyrics」と入力すれば、大抵の曲で歌詞付きの音楽を聴くことができます。

流行りの曲の探し方

マルタで良く聞いた曲【2017年】

Luis Fonsi 『Despacito ft. Daddy Yankee』

この曲はスペイン語ですが、マルタのどこにいってもかかっいる曲です。コロンビア人もマルタの語学学校に多いのですが、学校の中で誰かが口ずさんでいるところも何回か聞いたことがあります。

Ed Sheeran 『Shape of you』

バーやクラブに行くとこの曲も全体に聞くと言っていいほど、よく聞いていました。同じルームメイトの中国人は勉強のために何度も聞いて、この歌詞を暗記して歌えるようになっていました。

The Chainsmokers & Coldplay 『Something Just Like This』

語学学校に行った最初の週に、初めて聞いた曲です。おそらくミュージックビデオなのだと思いますが、歌詞も動画の中に出てくるため、先生もこれを選曲したのではないかと思います。聞き取りの練習に使われた曲です。

Fifth Harmony 『work from Home ft. Ty Dolla $ign』

これも語学学校の授業でかかっていた曲です。発音とリスニングの練習に使われていました。彼女たちの存在すら知らなかったのですが、今でも時々自宅で聞くことになった曲です。

まとめ

その他にも、マルタでは多くの音楽を聴いていましたが、有名なものばかりです。アパートでもルームメイトと一緒にリビングでよく音楽を聴いていました。その時はアジア人が多かったので、アニメの曲をかけても盛り上がることもあります。

マルタでは音楽は生活の一部という人がほとんどでした。クラスメートのコロンビア人の女の子は、「寝る時以外は、何をするにも音楽を聴いている。」と言っていましたし、音楽の話題は結構会話にもでてきます。

マルタに行く前には、世界で流行っている曲を予習していくと、楽しみも増えると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です