日本の働き方はおかしい!?海外と日本の働き方の違い。

日本の働き方はおかしい!?海外と日本の働き方の違い。

働き方改革と言われ初め、ニュースやテレビ番組でも取り上げられることが多くなり、耳にする機会が増えました。日本の働き方はおかしいと外国人から思われている制度もありますが、具体的にどのようなことがおかしいと考えられているのでしょうか。

正社員と非正規雇用、入社式、ボーナス、残業、有給制度、転勤、年金など日本の会社には当たり前にある制度です。しかし、外国人から見れば、いくつかの制度は日本特有の制度だと考えられています。

今回は外国にはない日本の働き方について取り上げてみたいと思います。

work in the company

日本と海外の働き方の違い

日本の場合、人を採用する時(特に新卒採用時)には仕事で何をするかが決まっていません。その人が何を学んで、どういったスキルがあるというよりも、潜在能力が高いかどうかが採用基準として設けられています。

日本では一般的に、一括採用して企業が教育します。よく「新人教育」と聞きますが、これはまさしく日本独特の企業文化ですね。そして、様々な部署を経験させて、役職を徐々に与えていくというやり方で人材を育成していきます。

一方、海外の場合は仕事に空きが出たら人材を募集します。そのため、日本のように一括して入社式をするというのは存在しません。採用時には仕事内容・給与・勤務地などがあらかじめ明記され、決められています。

それ以外のことを追加で任命する場合には追加で契約を結ばなくてはいけません。仮に海外の企業で転勤が発生する場合は、新しい契約を結ぶ必要があります。そのため、一部のエリートでなければ転勤をすることはほとんどありません。

日本の場合 海外の場合
・新卒一括採用
・仕事内容が決まっていない
・転勤あり
・雇用期間に定めなし
・新卒一括採用
・仕事内容が決まっていない
・転勤あり
・雇用期間に定めなし

海外には正社員と非正規がない

まず、日本の場合だと正社員になると社会保障や給与が非正規と比較してかなり充実しています。非正規の場合は、社会保障がなかったり、給与が正社員と比べて低かったりします。そのため、正社員か非正規の差がはっきりと分かれています。

一方、海外ではフルタイムかパートタイムかで働く時間の長さが異なるだけです。パートタイムで働いている人がフルタイムの半分働けば、原則としてフルタイムの半分の給料を貰うことができます。勤務時間が違うだけで、時間給や社会保障は基本的に同じ仕組みで、この仕組みは世界基準となっています。

日本の場合は正社員と非正規が同じ仕事をしていても給与格差が大きいことも多々あります。同じ仕事をしていても雇用形態で給与に差があることは問題視されていて、現在では政府がその差を縮めようと頑張っているところですね。

外国では女性が働きやすい環境

日本で働く女性の大きな悩みは『仕事と育児の両立』です。2016年の国立社会保障・人口問題研究所によると、第一子出産後に退職する女性の割合を調査した結果、正社員の場合は約3割、非正規も含めると5割という数値が出ています。

勤務時間が合わない、支援してくれる雰囲気が職場にないなどの理由が多く、働きたいけれど仕事を辞めざるをえない女性がまだまだ大勢いるというのが日本の現実です。

海外ではフルタイムで会社に入社し、結婚・出産をするとパートタイムとして働き、子供が大きくなるとフルタイムに戻るといった働き方ができます。男女ともに労働時間を調整する権利が法律によって明記されているため、こういった働き方が可能となるわけです。

そのため、夫婦で子育てをする場合、午前中は母親が子供の世話をして父親は働き、午後は母親が働いて父親が子供の世話をするということも可能です。夫婦交代で仕事と子育てを両立している家庭というのも少なからずいます。

さらにフルタイムへ戻る場合は以前の地位が保障されている国もあります。

まとめ

海外の働き方として良いことばかりを書きましたが、決して良い面だけではありません。

先ほど、パートタイムからフルタイムに戻ることも可能と書きましたが、そうなるとその仕事に空きができません。海外の場合、空きがあれば会社が新しい人を採用するという方針なので、若い人たちが就職しにくく、失業率が高い国もあります。

ボーナス、残業、有給、年金など、これらは国よって違いますが海外でも珍しい制度ではありません。残業もありますが、日本ほど残業があるのは珍しい方です。

ちなみに日本は世界で16番目に労働時間が多い国と言われていますが、サービス残業が多い国ですし、みなし残業制度がある会社では正確に労働時間を把握できていないのではないかと思います。最近では改善されている傾向がありますが、それでも統計上より労働時間が多いのではないかと思います。

日本の働き方について、バックパックをしている時にラトビア人の女性と話し合ったことがあります。日本の女性は出産のために、順番で産休をとらなくてはいけないのかと聞かれました。

一時期日本でもニュースになりましたが、保育園の先生が出産のために、産休を順番にとらなくてはいけないということが話題になりました。彼女は基本的な日本女性の働き方だと思っていたようです。

日本でもニュースになるくらい異常なことだし、私自身の身近でそのような話は聞いたことがないと伝えましたが、ヨーロッパでも日本の働き方が過大に伝わっていて、異常な働き方だと考える人も少なからずいるのかなと思いました。

そして、日本での働き方や、年代によっても差があると思いますが日本人女性は結婚して専業主婦になりたい女性が多いことを伝えると、「私が日本人女性でも、今の働き方なら専業主婦になりたい」とも話していました。

外国人にとっても日本で働くというのは制度的に少しハードルが高いように感じます。

世界基準が良いかどうかは別にして、私たちは何のために働くかということを改めて考える必要があるのかもしれません。そうすれば、どういった働き方をしたいのかが見えてきて、どのような制度で働くかを検討できると思います。