【男性編】婚活・恋活で1回目の初デートで女性と楽しく会話する方法

【男性編】婚活・恋活で1回目の初デートで女性と楽しく会話する方法

「女性との初デートで何を話せばいいんだろう?」

「初デートの時は沈黙する時間が長くなってしまう」

といったようなことってありませんか?

 

私自身は過去にこういった経験をたくさんしてきました。

10代や20代前半の頃の私は、女性と会話するときに沈黙が辛かったことを覚えています。

沈黙を解消しようと、女性に余計なことを聞いたり、突拍子もない変な質問をしたりしていました。

今、振り返れば、めちゃめちゃ恥ずかしい経験です。

でも、そういった経験を克服し、今では初デートでも女性との会話が続き、楽しく話せるようになりました。

 

最近ではマッチングアプリで女性との出会いを見つけています。

出会いを作るならペアーズなどのマッチングアプリはかなりオススメです。

なぜなら、普段出会えない女性とも出会えるからです。

半年間マッチングアプリを使った結果、約120人くらいの人とマッチしていました。

2日に1回以上のマッチングなので、マッチング率は低くないと思います。

 

マッチングアプリを通じて出会った方との初デートは「初対面=初デート」です。

なので、めちゃくちゃ緊張します。私の場合、何度経験してもこれに慣れることはありません。

 

ただ、女性と会話をする中で、自分なりに工夫をしたり、試してみたりしてきました。

その中で女性が楽しくなる会話方法が分かったように思います。

すべての女性に共通して楽しますことのできる会話内容なんてものは存在しません。

会話の内容よりも、自分がどう振舞うかの方が大事です。

 

初デートで自分なりに工夫してることについて、この記事ではお伝えしていこうと思います。

初デートで女性と楽しく会話する方法

まずは楽しい雰囲気作り

楽しい雰囲気を作るために必要なカギは自分が楽しむことです。

男性が楽しんでいる姿を見て、女性も楽しいという感覚になるからです。

女性は男性よりも『共感』に優れた生き物です。

なので、初対面の場合は特にですが、女性は男性の感情を映す鏡だと思った方が良いです。

男性が楽しめば女性も楽しむ。

男性が怒れば、女性も怒る。

男性が喜べば、女性も喜ぶ。

男性が悲しめば、女性も悲しむ。

 

相手の楽しませようとするあまりに自分が楽しんでいないことは逆効果です。

私は相手を楽しませようとし過ぎて、何度も失敗した経験があります。

引きつった作り笑いをして、質問がまとまっておらず、何を言っていいか分からなくなる。。。

今、振り返るとめっちゃ怖いことしてたなと思います。笑

自分が無理するとどうしても、気まずい雰囲気が作られてしまいます。

この打開策としては自分にも女性にも『素直』になることが重要なんだと気づきました。

 

初対面ではめちゃくちゃ緊張しますし、これは女性も同じだと思います。

なので初対面の場合は素直に「こういうのって緊張しますが、よろしくお願いします」と言います。

女性も「私も緊張するんですが、よろしくお願いします」となる場合がほとんです。

 

自分に無理をせず、素直になって自分が楽しめれば、楽しい雰囲気を作ることができます。

もちろん、女性のことを考えずに自己中になれということではありません。

女性に話をさせる

女性に話をさせることは初デートの鉄則です。

女性が8~7割、男性が2~3割くらいの比率の方が個人的には上手くいくと思います。

男性は司会者になったつもりで会話する

女性に話をさせるにはバラエティのMCになったつもりで会話を盛り上げましょう。

ここで大事なことは『質問』することです。

男性の質問が女性の興味ある内容であれば、女性は勝手に話しだします。

そうなれば、女性の会話の内容を深めていく質問をしていくと会話が盛り上がります。

 

質問の例としては、

「それのどんなところが好きなの?」

「それでその後どうなったの?」

「その人はどんな反応したの?」

とかで、『Yes』や『No』で答えられる内容はダメ。

女性のその時の状況や感情の説明が必要な質問をすることが大事です。

 

女性は会話を通して「この人と話すと楽しい」とうい感覚が芽生えてきます。

話しているのは女性ですが、会話をコントロールしているのは男性というのが理想的です。

バラエティのMCみたいに会話の主導権を男性が握りましょう。

 

注意したいのが、女性の会話に関連性のない質問はダメです。

せっかく盛り上がった会話を止めてしまいます。

もちろん、質問攻めもNGです。会話はキャッチボールが基本です。

自分の話ばかりはNG

私もついついやりがちなんですが、自分の話を多くしてしまうことはやめておきましょう。

会社の営業成績が一番だったとか、昔はスポーツで大活躍したとか、自慢話とか武勇伝は男なら好きですよね?

初デートにおいては、これらの話題をできる限り避けた方が無難です。

 

女性が男の自慢話に「へー!すごい!」とか「さすがですね!」と言ったとします。

女性が男性に合わせてくれているので、男性はデートが上手くいっているように思うかもしれません。

ただ、こういう場合、内心つまらないと感じている女性ががほとんどです。

 

自慢話とか武勇伝系の話は、もう少しお互いのことを知り合ってからする方が良いです。

男として大きく見せるために、そうった話をしたくなる気持ちも分かります。

でも、初デートで自慢話とか武勇伝系の話題は極力しないほうが上手くいくことの方が多いと感じます。

会話では「共感」を意識する

会話するときは女性に共感することがめちゃ大事です。

「女性は共感の生き物である」ということは雰囲気を作りの話題で書きました。

普段の女性同士の会話って意識して聞くことありますか?

電車、会社、学校、カフェなどで女性同士の会話を聞いて参考になることもあります。

 

女性同士の会話は基本的に『共感』を重視した会話内容です。

「私も~」、「分かる~」、「そうそう!」

これは女性が相手の会話に共感した場合に使うことばです。

女性同士の会話はこれらの言葉が男性よりも多く使われています。

 

「これって、凄くない!?」、「見て見て」、「~だと思わない?」

こういったワードも女性同士の会話でよく聞きくことがあります。

女性が共感してほしい時に発する言葉です。

 

このように、女性は共感を重要しして会話をしています。

なので、女性が心地よいと思わせるためには『共感』することが必須です。

女性の意見に対して「いやそれは違う、俺はこう思うんだよね」と女性の意見を否定したとします。

たとえ、正論であったとしても何度も否定すれば、おそらくその女性は次のデートはしてくれないでしょう。

 

次のようなワードを駆使しして、女性に共感しましょう。

「そうなんだ」

「素敵な話だね」

「良い友達(両親・同僚)を持ったね」

「それは最悪だったね」

女性が会話した内容にこういった言葉を投げかけてあげて、

「それでどうなったの?」と次に繋げてあれば女性は楽しんで会話してくれます。

デートを成功させるための事前準備

事前に女性の情報を集めておくことは会話の糸口をつかむためにめちゃくちゃ重要です。

例えば、ジブリ映画が好きな女性であれば、「好きなジブリの映画は何?」と聞くことができます。

しかも女性の好きなことなので、話を広げやすいです。

会話の内容を考えておくこと、つまり事前準備をすることはとても大事です。

仕事も恋愛もスポーツも、事前準備ほど大事なものはないですね。

 

では、どうやって会話の内容を考えておくかとういことですが。

私はマッチングアプリで出会うことが多いです。

そのため、女性のプロフィールに書いてある好きなものや女性の趣味などを見ておきます。

あと、マッチングアプリやLINEでのやり取りの内容を見直します

ここにヒントはあるので、テッパンネタのようなものを用意する必要はありません。

やり取りの内容の中で、自分も好きなことや興味あることをピックアップしていきます。

共通の趣味などを見つけておくと会話が広がりやすいです。

 

例えば、今度会う女性が『お笑い好き』で自分も『お笑い好き』だったとします。

「そうそう、LINEで面白いって言ってたお笑い番組見ましたよ」

「僕はあの番組の××のコンビが好きなんですが、〇〇さんはどのコンビが好きですか?」

女性が■■のコンビですかね?という返事になるでしょう。

「■■面白いですよね!どのネタが好きなんですか?」

という感じで共通に好きなものは話題が広げやすいです。

 

このように事前に話題をいくつかピックアップしておくと会話が盛り上がります。

共通の話題だとそれだけで、女性に自然と『共感』できるというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初デートで女性との会話が不安という方向けにこの記事を書いてみました。

 

女性のことを調べて事前準備する段階で、相手の理想像とかも把握することがあります。

ここで言いたいのは、必要以上に相手の好きな男性像に無理して近づずかないこと

少し自分を大きく見せたり、嘘でなければ駆け引きだと言えます。

 

ただ、自分にウソをついてまで大きく自分のキャラを変更するのは良くありません。

そうしなければゲットできない女性なら、最初からバッサリ切るべきです。

付き合った後も、最初に演じたキャラクターを演じなければならなりません。

女性といることが次第に苦痛になってくる感覚を味わうハズです。

ストレスが溜まって、せっかく口説いた女性と付き合う期間も短くなってしまいます。

恋愛は文字通り、楽しんだ者が勝ちます。

 

最後に私の個人的なマッチングアプリを使った成果についてです。

30歳を過ぎて恋ができるとは期待していませんでしたが、8つ下の可愛い彼女ができました。

頑張れば誰でも彼女を作ることができますので、頑張っていきましょう!