告白して振られたら辛い?いやいや、振られてからがスタートでしょ。

告白して振られたら辛い?いやいや、振られてからがスタートでしょ。

僕のモテ期のピークは野球部のエースだった中学校の時。

しかし、特にイケメンでもなければ、めちゃくちゃモテるわけでもない。

私自身はフツメン男性ですが、20代の頃は彼女が途切れたことはありませんでした。

個人的には30代になっても色んな恋愛経験を積ませて頂いてますが、そろそろ奥さんが欲しい今日この頃です。

 

さっそくですが本題に入ります。

色んな女性と恋愛をする中で、好意を伝えるタイミングはとても重要だと考えています。

そこで今回、「告白はいつすべきか」ということについて記事で書いていこうと思います。

恋愛を楽しみたい人や恋人が出来なくて悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

告白してふられたら辛い?

告白して振られたら誰でもツライ

100%相手のことを好きになってから、告白して振られればそれはツライですね。

そんなに好きになってしまったら、告白することに対してもかなりの勇気が必要です。

だって本気でその人のことが好きなんだから。

 

本気度MAXで告白するっていうのは思春期の学生に多い気がします。

「〇〇さん(君)のことが好きだから、思い切って告白しよう!」

友達からも「当たって砕けろっていうし、行ってこーい!」

とか言われて、勢いよく相手を呼んで告白する。

「ごめんなさい」と撃沈して終わるパターンです。

 

告白について、もっとも重要なのはタイミングです。

気持ちがピークになっている時は、告白するべきタイミングではないです。

僕みたいな小心者は、失敗した時の心のリスクが多き過ぎると思ってしまいます。

 

告白するのに最も良いタイミングは「ちょっとあの人のことが気になる」くらいのタイミングです

告白が成功すればカップルになれます。

振られたなら、そこからがスタートです。

気になる程度でまずは告白

相手に恋人がいようが、付き合うことができそうにない状況でも、告白すべきです。

「この人好きかも」とか「ちょっと気になる」程度の状態の時に告白した方が絶対良い。

振られることを前提として告白するくらいの気持ちで行くとかなり楽です。

とはいえ、真剣さも伝えないといけないでヘラヘラして告白するのはNGです。

 

もし、それで付き合うことになったんなら儲けものって感覚で良いと思います。

ここで最も大事なことは、自分の気持ちを相手に伝えることです。

告白できなかったら、未来の自分が後悔しているかもしれません。

「あの時、告白しておけばよかった」

「気持ちだけでも伝えておけばよかった」

という思いをしたことありませんか?

こういった後悔って誰しも一回はあるんじゃないでしょうか?

 

自分のできることはやりきること。

後は相手がそれにYesかNoという返事をするだけの問題となります。

まあ、時々返事をスルーされることもありますが。笑

気になる程度でまず告白しておくことには、メリットがいくつかあります。

相手の恋人候補になれる

告白することの最大のメリットは相手の恋人候補になれることです。

告白しなければ、もしかしたら相手に異性としてさえ見られていないかもしれません。

いや、むしろその確率の方が高いです。

でも、告白された人は「恋人としてありかなしか」で相手のことを見ざるを得ません。

その時点で、もうあなたは相手の恋人候補です。

 

逆の立場で考えてみてください。

例えば、あなたの学校の友達や会社の同僚から「前から〇〇君(〇〇さん)のことが気になってた。」と言われたとしましょう。

あなたの頭の中ではその人のことが、女(男)としてありかなしかを考えるようになっているバズです。

 

なんだら、「よくよく考えたらあの人、女(男)としてアリかも」とかさえ考え出すようになります。

人間の脳は自分の都合の良いようにできているので、生理的に無理とかでなければ、付き合える可能性を探し出します。

ただ、タイミング的に恋人になれない場合もあるでしょう。

ですが、伝えることがまずは大事です。

好意を伝え続けて時期を待つ

告白したら、相手の反応は良好。

付き合える場合はそのまま付き合ってしまいましょう。

でも、何らかの理由で今すぐに付き合うのが難しい場合は、チャンスを待ちましょう。

相手に好意を伝え続け、時期がくれば相手はあなたのことを恋人の第一候補にしてくれます。

 

最も分かりやすい例でいうと、相手に恋人がいるパターンです。

相手に恋人がいる場合でも、告白しておきます。

「彼氏(彼女)いるのは知ってるけど、〇〇さん(君)のことが好き。」

「彼氏(彼女)がいなかったら、付き合いたい」

とか、次は自分があなたの恋人になるんだということを相手に伝えておきます。

とはいっても、今の恋人とのことも応援してあげてください。

自分の恋人のことを悪く言われると、誰でも嫌な思いはしますからね。

 

そして月に一回くらいメールやLINEで「最近、どう?」という感じの連絡をとっておきます。

そうすると、実際に告白した相手が恋人と別れた時、あなたはその人にとって次の恋人の第一候補となっています。

もしここで相手から連絡が来て「一緒にご飯でもいこうよ」という内容なら、ほぼ確実に恋人になれます。

まったく無理そうなら諦める

告白相手がまったく自分のことを相手にしてくれないなら、もう次にいった方が良いでしょう。

そもそも、気になる程度の相手なので、まったく自分に好意が向いていないなら次に行くべきです。

 

例えば、LINEの返信とかもまったくないし、会ってもそっけない態度をとられる。

中学生、高校生くらいなら「恥ずかしいのかな?」くらいに思いますが、20歳を超えた大人なら話は別。

もちろん、その人の性格や状況にもよりますが。

告白しても異性として見られていないと感じたなら、そこでアプローチをやめましょう。

それ以上は単に時間の無駄です。

 

これがもし、100%好きな相手であれば、心理的ダメージはめちゃくちゃ大きいです。

それに比べて、気になるくらいの相手へ告白なので、気持ち的には楽です。

「まずは告白」の実体験

今までの僕の恋愛の中で、気になるくらいの相手に告白することをしてきました。

友達関係から恋人になったり、イベントで知り合った女性と恋人になったり。

幅広いシチュエーションで使える手なのかなと思います。

まず告白することは、男性でも女性でも使える手だと思うので、恋人が欲しい人は参考にしてみてください。

 

記事を読んでもらったら分かると思いますが、告白して振られてからは長期戦となることが多いです。

恋人になるまでに早ければ3ヶ月くらい、1年とか2年とか、それ以上になることもあります。

では、僕自身の体験を一つお伝えさせていただきます。

彼氏がいる女の子へ告白

大学生の頃、バイト先で仲良くなった女の子がいて、彼氏がいることを知っていました。

お互いの恋愛話や彼氏の話とかも良くしていました。

バイト仲間で飲みに行くメンバーの一人でもあったので、遊ぶ機会も多かったです。

学年は一つ上でしたが、特に敬語で話すってことはなかったです。当時の僕は生意気でした。笑

 

ある飲み会の席で、みんなの前で突然「〇〇さん、俺と付き合おう!」と言ったことを覚えています。

まんざらでもなさそうな感じだったのですが、僕自身が今の彼氏から奪ってやるという気概もなかったです。

その当時、その女の子が彼氏のことをすごく好きだったことも知っていました。

なので、やっぱり付き合うのは無理な感じだなってなりました。

この時の僕の気持ちは「ちょっと気になる」程度のものでした。

これが初めてちょっと気になるくらいで告白した体験です。

 

それから社会人になって年に1,2回くらい会う関係ではありましたが、友達関係が継続していました。

大学を卒業して2年後に、突然「彼氏と別れた」と連絡あって、それから二人で一緒に飲みに行くことになりました。

ここではいったん話だけ聞きましたが、この後、何度かご飯に行くことになりました。

そして、最終的に付き合うことができました。

 

このことを振り返ってみて、あの時に告白しておいたことが最終的に付き合うことになったのだと思います。

好意を相手へ伝えたことで、後々それが活きた結果です。

 

これはかなり長い期間で恋愛が成立した話です。

私自身がこの方法で最も早く付き合ったのは、出会ってだいたい2ヶ月ほどです。

年末のイベントで知り合った女性と2月には付き合っていました。

タイミングの問題もあるので、一概にはいつ付き合えるかわかりません。

ただ、辛抱強く待つことが大事なのかなとも思います。

最後に

『まずは告白してみる』これは私が結構使ってきた、好きな女性へのアプローチ方法です。

個人的にはすごく効果的に恋人を作ってこれた方法です。もちろん、女性も使える手でもあります。

 

「でも、やっぱり恥ずかしくて告白できない」と思うかもしれません。

はっきり言いますが、告白できなければ、恋愛なんてスタートできません。

告白というと、とても重いものかもしれませんが、相手に好意を伝えられないのは致命的です。

何もできずに恋愛が終わってしまう人のパターンで、これが一番多いと思います。

 

また、「友達関係がなくなってしまうのでは?」と思う人もいると思います。

告白することで友達関係でなくなるようなら、そもそも相手から相当嫌われているか、友達関係にすらなっていない状態です。

友達同士という関係性なら、告白で多少の気まずさはあっても相手は嫌という感覚にならないはず。

なんなら、告白された相手のことを異性として意識し始めます。

 

告白は恋人を作るという過程の中で、最終工程ではありません。

最初に告白して、それから恋愛のやりとりが始まるものです。

なので、最初から告白しておくことにはメリットしかないというのが私の持論です。

告白して笑顔で振られたら、それが第一歩なのです。

 

ちなみに最近ペアーズというマッチングアプリで恋活をしていましたが、彼女ができました。

それについては他の記事でも書いていますので参考にしてみてください。