リスニングの最強教材『1000時間ヒアリングマラソン』はこう使う!特徴と勉強方法!

リスニングの最強教材『1000時間ヒアリングマラソン』はこう使う!特徴と勉強方法!

新しく英語の教材を探している時に面白そうな英語教材を発見しました。

それが『1000時間ヒアリングマラソン』です。

今までに色々な教材をやってきたのですが、今回はヒアリングマラソンを実際に使ってみました。

「どうせありきたりな英語教材でしょ」と思っていました。

しかし、私が思っていた以上に優れた英会話学習ツールで驚きました!

今回、この記事ではヒアリングマラソンの特徴や勉強方法、どういった人に向いているいるかお伝えしたいと思います。

 

1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソンの特徴

1000時間ヒアリングマラソンは一言でいうと『最強のヒアリング教材』というべきかなと思います。

そもそもどういったものなのか?

どういった特徴があるのか?

ということについて、詳しく説明していきます。

1000時間ヒアリングマラソンとは?

アルク社が出版している120万人以上が実践してきた英語の通信講座です。

毎月『マンスリーテキスト』と『ENGLISH JOURNAL』が決まった頃に届くので、進研ゼミのような感じかなと個人的には思います。

ヒアリングマラソンが創刊されてから実に35年以上もたっています。

人気があるから続いているというわけではなく、

それだけ色んな人の知恵や工夫が詰まっている教材だという印象です。

英語学習を習慣化

ヒアリングマラソンでは年間で1000時間英語に触れることを目指します。

ヒアリングマラソンで軸になるのは『マンスリーテキスト』『ENGLISH JOURNAL』の2つです。

この二つを軸が英語学習の軸になります。

そして、それ以外にも映画や洋楽などあらゆるジャンルの英語を肌で感じることで、1000時間を超える英語に触れる機会を作っていきます。

「学習+楽しむ」というイメージです。

『マンスリーテキスト』と『ENGLISH JOURNAL』以外の英語に触れる機会について、ヒアリングマラソンでは次のようなことが挙げられています。

【英語で見る】
・映画やドラマ
・YoutubeやTED
・テレビの英会話講座
・ニュースの2ヵ国語放送
・海外メディアのニュース

【英語を耳に入れる】
・英語のPodcast番組
・英語のAudible作品
・洋楽(英語の歌)
・英語セミナーやイベント参加
・英語のラジオ放送

【英語を使う】
・スマートフォンの言語を英語に設定
・英会話スクール
・オンライン英会話
・SNSで英語のやりとり
・通訳ガイドやボランティアに挑戦

【英語を学ぶ】
・辞書や文法書で調べもの
・発話練習や音読
・ディクテーション
・単語学習

ヒアリングマラソン(1000時間)

英語を楽しまなければ、長く続けることは難しい。

これは英語学習の『あるある』かなと思います。

ヒアリングマラソンの考え方は理にかなっています。

私自身も上記のほとんどのことをしてきましたし、今もしています。

「お前どれくらい英語ができんねん!?」

って言われそうですが、私の英語は中級レベルです。

日常英会話レベルで外国人と英語を話すことはそれほど苦ではありません。

しかし、私もまだまだです。

でも、確実に言えるのは英語を習慣化することは英語上達のカギだということ。

ヒアリングを中心とした英語学習法が身に付く

文字通りヒアリングマラソンはヒアリングに特化した学習を行っていきます。

マンスリーテキストにはヒアリングの学習方法が記載されています。

【ヒアリングマラソンの6つの学習法】
1.シャドーイング
2.ディクテーション
3.音読
4.オーバーラッピング
5.リピーティング
6.リプロダクション

ヒアリング中心ですが、それに派生した形でスピーキング、リーディング、ライティング、文法・単語、発音も同時に学べるように構成されています。

これは英語を学習していくのであれば、ぜひ身につけていきたい学習法ですね!

どれも有名な学習法ですが、どんな効果があって、どういう力に結びつくのかがテキストで分かりやすく解説されています。

TOEICなどの試験対策をするにしても、これらの学習方法を知っていればかなり心強いです。

つまり、ヒアリングマラソンをすることで他の教材などでも活かせる学習技術を身につけることができます。

ナチュラルな会話音声と英語圏の日常がテーマ

『マンスリーテキスト』や『ENGLISH JOURNAL』をやっていくと、会話形式の内容やインタビューが多いなと気づきます。

私は外国人と話す機会も多いのですが、ヒアリングマラソンの教材は普段英語で話す内容に似ていると感じます。

もちろん、もっとレベルは高いですが・・笑

教材っぽさを感じないところが気に入っています。

そして、それぞれのテーマがアメリカやイギリスなどの英語圏で日常話されているような内容です。

英語を学ぶというだけではなく、欧米の文化を知ることができるので、とても興味がそそられる内容となっています。

初心者にも対応

1000時間ヒアリングマラソンは基本的に中級者以上が対象だと思います。

TOEICで言うと550点以上の人が目安かなと個人的には感じます。

しかし、英語の初心者に対応し、『ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!』もあります。

こちらは1日30分の学習を目標としているので、ちょっと英語が分かってきたかなという人でもOK。

初心者の方はまずはこちらを試してみて、そのあとに1000時間ヒアリングマラソンをやってみるのが良いでしょう。

また、ビジネスに対応した『ヒアリングマラソン ビジネス』も用意されています。

ヒアリングマラソンの注意事項

ヒアリングマラソンだけで、英語を話せるようになることは難しいです。

英語は結局相手があって、話せるようになることができます。

英語を話せるようになりたいと考えているのであれば、オンライン英会話など一緒にするようにしましょう。

ただ、ヒアリングマラソンは『聞く力を伸ばす』『英語の知識をつける』ことにとても良いです。

この2つを伸ばしていけば、スピーキングは慣れの問題なので、すぐにできるようになるでしょう。

1000時間ヒアリングマラソンの使い方

ヒアリングマラソン(テキスト)

最初は冒頭から順に

初めの1~2カ月はヒアリングマラソンのやり方通りで学習していきましょう。

まずは、マンスリーテキストをやりきること。

マンスリーテキストだけでもかなりのボリュームがあります。

そして、学習技術を身につけることをはじめは意識すべきです。

1~2ヶ月後には『シャドーイング』『ディクテーション』『オーバーラッピング』などの一通りのリスニングから学習する方法が身についているはずです。

3ヶ月目くらいからは「これの方法が効果ありそうだな」と思った方法で好きなトピックから行っていきましょう。

あまり気が乗らないトピックは別にやらなくても構いません。

ICレコーダーを使う

これはヒアリングマラソンだけに限ったやり方ではないですが、効果的な学習方法をお伝えします。

ICレコーダーもしくはスマホの音声録音機能を使うやり方です。

私はICレコーダーを常に持ち歩いていますが、自分の声で英単語、フレーズなどを入れています。

それを歩いて移動する時や電車の中など、通勤時に聞いています。

ヒアリングマラソンで覚えたいと思ったものがあれば、自分の声で録音して記録しておきます。

すべての単語やフレーズ、文法をする必要はありません。

知らない単語や気になるフレーズが中心です。

1トピックで3~5つくらいやれば十分です。

ICレコーダーを使う目的・方法

人間の脳は一度聞いたものをすべて覚えれるほど賢くはできていません。

なので、何度も聞いたり、見たり、読んだりする必要があります。

自分が覚えたいと思った単語やフレーズがあれば、それを自分の声で録音します。

自分の声というは『違和感』がありますが、それが記憶の定着を促してくれます。

空き時間にそれを聞くことで効率よく記憶に定着させることが可能というわけです。

単語・フレーズの記録のやり方

私がしている基本的な使い方は以下の通りです。

単語の場合は「綴り、単語、意味、例文」

例えば”acquire”だと、

「A・C・Q・U・I・R・E、acquire、~を習得する、It takes a lot of time to acquire one language」という感じです。

フレーズの場合は「フレーズ、意味、例文」です。文法もフレーズのやり方と一緒です。

例えば、”bank on”だと、

「bank on、~を当てにする、I wouldn’t bank on it」という感じですね。

 

こんな人にオススメ

ここからは、こういう人に1000時間ヒアリングマラソンは向いているということをお伝えします。

英語学習を習慣化したい人

英語は『継続』が大事。

これは紛れもない事実です。やり方がどうあれ『継続』し『習慣化』ができれば英語力は伸びます。

どうやって学んでいくかは二の次です。

それだけ『習慣化』は学習目標達成の重要なファクター。

1000時間マラソンではどうやって習慣化していくかということも一つのテーマに掲げています。

そのため、英語学習を『習慣化』するためにいろんなコツを与えてくれます。

英語を生活の一部にしたい人にとってヒアリングマラソンはオススメです。

英語の勉強方法を知りたい人

『どうやって英語を勉強するか』って気になりますよね?

先ほど、お伝えした通りヒアリングマラソンを1~2ヶ月やればヒアリングの英語学習方法を習得できます。

これは英語学習者にとって短期的ではなく長期的なメリットです。

今後、TOEICなどの英語検定試験を検討している方にとってもメリットが大きいはず。

「どうやって英語を勉強していけば良いのか分からない」という人であれば、半年はやるべきです。

海外の生活に興味がある人

海外の生活に興味がある人、留学に興味を持っている人もヒアリングマラソンは良い教材です。

ヒアリングマラソンでは英語圏で話題になっているニュースや映画などがそのままテーマになっています。

情報を入手するという意味でも参考になる部分は多いです。

ジャンルはかなり広いので海外で話題になっていることを耳に入れておくと、外国人との会話のネタにも困らないと思います。

こういう人は向いていない

ヒアリングマラソンは初心者でも大丈夫だと思いますが、英語が全くダメな人にとっては不向きです。

少なくとも中学レベルの英語は知っておくことをオススメします。

中学レベルの英語を覚えるためには『スタディサプリ』がオススメです。

会話を中心に覚えたいのであれば、『スタディサプリ(日常会話コース)』を、

文法・単語を中心に覚えたいのであれば『スタディサプリ(TOEIC対策コース)』がおススメです。

そして、自発的に学習できない人は難しいでしょう。

ヒアリングマラソンは聞き流すための教材ではないので、積極的に取り組む必要があります。

まとめ

ヒアリングマラソンはリスニングに特化した英語の通信講座です。

リスニングを中心にリーディング、スピーキング、語彙・文法など様々な英語を学ぶことが可能。

これから英語学習を始めたい人も伸び悩んでいる人も英語力を伸ばすキッカケをつかめるでしょう。

ヒアリングマラソンは基本的に1年コースとなっています。

「続けられるか不安・・」

という方は6ヶ月コースもあるので、そちらを試してみてはいかがでしょうか?

きっとアナタに気づきを与えてくれます。

 

 

2019年最新版オンライン英会話ランキング
オンライン英会話総合ランキングでは、他にも「英語が話せるようになる」おすすめのオンライン英会話だけを紹介しています!
独自の基準による点数の見直しを常に行い、最新の情報をお届けしています。
ランキング形式ですが、どれも当サイトお墨付きのオンライン英会話ですので、比較して自分に合ったオンライン英会話を探してみてくださいね。