日本人両親の子どもがバイリンガルになる過程【親が忘れがちな大事なこと】

日本人両親の子どもがバイリンガルになる過程【親が忘れがちな大事なこと】

私は普段はインターナショナルスクールの保育園でマネージャーをしています。

この仕事を通じて、子どもが英語を学んでいく過程を知ることができました。

こどもに英語を学ばせたいと思っている保護者の方は大事なことなので、この記事を参考にして欲しいです。

両親ともに日本人の親を持つ子どもがバイリンガルに成長するまでの過程を書きます。

日本人両親の子どもがバイリンガルになる過程

英語を習得していく過程

日本人両親を持つ子どもが英語を習得していく過程は次の通りです。

1.母国語(日本語)を話せるよになる

2.母国語(日本語)を通じて英語を学習する

3.英語を英語をとして理解できるようになる

このパターンで英語を習得していくことになります。

 

ちょっと意外なのかもしれません。

「子どもは言語を覚えるのが早いから、英語を英語として認識していくのではないか?」と思うかもしれません。

しかし、実際に日本語を使用する家庭の子どもは、日本語をマスターしてから英語を学習していきます。

ネイティブとは英語の覚え方が違う

「ネイティブ流の英語の覚え方」とか「ネイティブと同じように英語を覚えましょう」と聞いたことがあると思います。

もし、日本人とアメリカ人などハーフとして生まれたこと子どもに関して、この覚え方は良いと思います。

しかし、両親ともに日本人の場合なら、ネイティブとは違う覚え方で英語が身に付きます

 

バイリンガルやネイティブは家庭で英語を話す環境があります。

そのため、子どもは言語を耳で聞いたことを真似して覚えていくことになります。

家庭環境にもよりますが、特に母親側の言語を子どもはよく覚える傾向にあります。

両親ともに英語が話せない日本人なら、そもそも英語を話す家庭環境がありません。

言語発達においては、家庭環境はとても大事です。

 

日本語をある程度習得できてから英語を学ぶことがバイリンガルへの近道です。

無理に英語に力をいれる教育をしようとするとダブルリミテッドという、日本語も英語も未発達な子どもになる可能性もあります

これは子どもの論理思考にも影響を与えるので、英語の早期教育に力を入れすぎるのも問題です。

日本人両親の子どもの場合は、日本語と英語の同時習得はあまりオススメできません。

日本語を習得してから英語を学習していくことが望ましいです。

英語を覚えるには母国語(日本語)が大事

保育園で入園希望の方の対応をしている時に、日本語の重要性を理解していない保護者の方多いと感じます。

英語を覚えるためには、まずは土台となる母語(日本語)が必要です。

日本語の概念を基本として、英語を覚えていくからです。これは大人が英語を習得していく方法と同じです。

 

例えば、「足」という単語の意味を知らなければ、「足=leg」という意味が分かりません。

実際に私は、「(お友達が)足を怪我している」と言いたい4歳の男の子が「(お友達が)下を怪我している」と言っているの見たことがあります。

この子に「足は英語で”leg”です」と言って、理解できるでしょうか?

そもそも日本語で『足』という日本語の単語を知らないので、分かるはずがありません。

 

子どもたちを日々見ていて思うことですが、日本語能力が高い子どもは英語の習得も早いように感じます。

子どもの「日本語能力」と「英語の習得」には相関関係があると私は見ています。

 

大人と同じ方法で英語を習得していくと書きましたが、習得スピードは子どもの方が圧倒的に早いです。

さきほど書いた4歳の男の子も、ご両親は英語を教えたい気持ちが強く、子どもに英語漬けの生活を送らせていました。

日本語に重点を戻すことで、子どもの日本語能力も発達し、英会話力も伸びてきています。

幼少期は母国語(日本語)でしっかり、物事を理解していくことが大事です。

子どもが英語に興味がなければ意味がない

子どもの興味が何かということはとても大事です。

英語にまったく興味のない子どもがインターナショナルスクールに通うとどうなるか?

勉強中心のスクールの場合だと、ストレスがたまり、攻撃行動や情緒が不安定になります。

親が子どもに英語を学ばせたい場合は、英語に興味が湧くようにすることが大事です。

 

例えば、

「〇〇先生みたいに英語も話せるようになりたい」

「外国人のお友達と英語で話しができるようになりたい」

「お友達みたいに、英語で外国人の先生と話したい」

などです。

 

幼少期の子どもがインターナショナルスクールに通うメリットはここにあると思います。

『英語を使って何かしたい!』という気づきが普通の保育園や幼稚園よりも圧倒的に多いことです。

 

子どもに興味付けをすることができるかどうかが、良いインターナショナルスクールの保育園かを見極めるカギです。

単に英語を使ったカリキュラムが豊富だということは親を喜ばせているだけなような気がします。

どうやって子どもに英語に興味を持ってもらうかの方が大事です。

 

親が「子どもにこうなってほしい」というのはごく自然なことだと思います。

英語に限った話でなく、子どもにこうなって欲しいというものがあるならば、動機付けからすべきです。

まとめ

子どもが英語を習得していく過程で必要なことは、次の2点です。

  • まずは母国語(日本語)をマスターすること
  • 英語を学びたいと思う環境であること

これがなければ、英語をどれだけ学習できる手段があったとしても、意味がありません。

子どもの頃から英語を話せるようになることはとても良いことだと思います。

しかし、上記の2点を知らない保護者の方が多いことも事実です。

 

あと、いつから英語を学び始めたらよいかということも良く聞かれますが、個人差があります。

日本語で十分会話できるような年齢から英語学習を開始しても良いと思います。

3~5歳くらいが良い時期です。

これより以前であれば、言語よりも習得しておかなくてはいけないことがたくさんあります。

「食事や睡眠のリズムを安定させる」とか「周りのモノ、人、環境に興味を持つ」とか、そういったことは言語以前のことのほうが重要です。

 

子どもの全体的な成長を考えて、幼児期の英語教育をご家庭でも導入してみてください。