オンライン英会話QQEnglishの体験レビュー!料金や評判は?

オンライン英会話QQEnglishの体験レビュー!料金や評判は?

英語を話せるようになりたくて、かれこれ色々なオンライン英会話を2年以上やってきました。長いものだと半年以上継続もしてきましたが、基本的に3ヶ月に一度ペースで変えています。

中には無料体験だけで終えたものもあり、オンライン英会話ってどこも似たようなものだと初めは思っていましたが、実はそれぞれ特色があるんだということが分かりました。

オンライン英会話で日常会話には困らない程度の英語力を私はつけることができました。その後、マルタ留学やヨーロッパへ3ヶ月間バックパックに行った際に英語で世界の人とコミュニケーションを取る楽しさを覚え、世界中の人と友達になることができました。

しかし、私の英語にはまだまだ伸びしろがあることも同時に感じました。

私の英語力はupper-intermediate(中上級)で、マルタ留学中は最初から最後までずっとこのクラスにいました。しかし、まだまだ、どう英語で表現してよいか迷う時や詰まる時もあります。

帰国後には『やっぱり日本は英語を話せる環境が少ない』ということを感じて、オンライン英会話を再度やってみることに決めました。

フィリピン留学でも人気で、カランメソッドに力を入れているQQEnglishがオンラインでもレッスンを受けれるとということで前から気になっていました。

今回はQQEnglishの体験の無料体験を受けてみましたので、その特徴や体験した感想をお伝えしたいと思います。

QQEnglish

QQEnglishの概要

レッスン時間帯24時間
予約締切レッスン開始15分前まで
支払方法クレジットカード(PayPal)、銀行振込
レッスン形式マンツーマン
講師の国籍フィリピン
日本語可能講師なし
講師の勤務地セブ市内のオフィス
日本語サポートあり
スマートフォンでのレッスン利用可
無料体験レッスンあり
入会金なし
教材費不要(市販テキスト利用時は必要)
カリキュラムカランメソッド、カラン for キッズ、QQE Basic、TOEIC 目指せ!ハイスコアラー、IELTS™Speaking対策、Global Business Skills、ビジネスイングリッシュ、トピックカンバセーション、News Alert、日常英会話コース、ボキャブラリービルダー、ウェルカム アボード、使える!トラベル英会話、発音クラス、O-MO-TE-NA-SHI 英会話、英検® 面接対策、Talking Time、中学英語Web講座、レベルチェック、模試トレ
プラン・費用【月会費プラン】
・毎日25分×4~8回:3,980円
【毎日プラン】
・毎日25分×1回:6,242円
・毎日25分×2回:10,454円
・毎日25分×3回:17,064円

 

QQEnglishの特徴

ここではQQEnglishの他のオンライン英会話とは違う特徴について記載していきます。

『ネット留学』

QQEnglsihはセブ島にあって実際にフィリピン留学としても行くことができる学校です。その授業をインターネットで受けれることで『ネット留学』と言われています。

メリットとしては、セブのQQEnglsihで実際に教えている講師もオンライン英会話でレッスンをしているということです。そのため、フィリピン留学を検討している人にとってプレ留学的にレッスンを経験することができます。

レッスンのフリートークでフィリピン留学に関して質問してみるのも良いですし、セブ周辺の学校情報を教えてもらうのも一つだと思います。

実際にフィリピン留学に現地で関わっている講師の生の意見を聞けるわけですから、エージェントも知らないような情報を手に入れることもできるかもしれません。

日本初のカラン認定校

『カランメソッド』は徹底的に反復するよう設計された英語学習方法の一つで、特にスピーキングに効果があるとされています。

QQEnglishは日本で初めてロンドンのカランスクール本校から正式に認可を受けた学校です。

カランメソッドは『4倍速で英会話をマスター』などと言われていますが、単語・文法などのインプットは時間がかかりますし、商用的な宣伝文句であって個人的にはちょっと言い過ぎだと思います。

しかし、それでもカランメソッドはスピーキングに対してかなり効果があると感じています。単語・文法などの基本がしっかりできているようであれば、単にレッスンを受けるよりも早く英会話をマスターできるようになるでしょう。

講師は全員TESOLを取得

TESOLとは外国人に英語を教える国際資格です。ネイティブスピーカーであっても英語を語学として学び、講師としての訓練しないと講師は務まりません。

マルタ留学時に感じたこと、とういよりも語学学校でイギリス出身の先生が言っていたことです。

実際にネイティブスピーカーと会話する機会もあったのですが、何人かはクセがあり聞き取りにくい英語を話します。

私だけではなく、ドイツ人やオランダ人の英語が得意な人たちでさえそう感じることがあるようです。つまり、ネイティブスピーカーであっても特定の地域の訛りがある人の英語はクセが強く学ぶのに適していないとういことです。

英語にクセのある地域にどうしても行きたいという理由がない限りは、世界標準の英語を覚えるために、英語を教えるための英語力を持っている人、つまり、TESOLをもった講師から教わる方がより効果的な学習効果が見込めます。

安定したインターネット回線

オンライン英会話ではインターネット回線が不安定になることがあります。これは、我々受講者はとてもストレスを感じる原因となります。

最近では、どこのオンライン英会話も企業努力によって安定しつつありますが、QQEnglishは他のオンライン英会話よりも安定しています。

まず、QQEnglsihは在宅の方ではなく、すべてオフィス勤務となっています。オフィスはフィリピン政府が指定する経済特区「ITパーク」にあり、インフラが整備されています。通信状況も他の地域に比べて安定しています。

さらに、ビルには自家発電が設備されているため、緊急の事態が起こった場合でも万全の体制でオンライン英会話ができるようになっています。

QQEnglsihの料金

QQEnglsihでは「月会費プラン」と「毎日プラン」の2つのプランが用意されています。「月会費プラン」では決められた金額で毎月4~8レッスンを受講することができます。

「毎日プラン」では金額によって1日に可能なレッスン数が決まります。1レッスン(25分)、2レッスン(50分)、4レッスン(100分)から選択することができます。

プラン レッスン数 金額
月会費プラン 毎日1レッスン(25分)×4~8回 3,980円
毎日プラン 毎日1レッスン(25分) 6,242円
毎日1レッスン(50分) 10,454円
毎日1レッスン(100分) 17,064円

テキストに関しては無料のカリキュラムも用意されていますが、カランメソッドやTOEIC対策などは教材を購入する必要があります。カランメソッドの場合は、1冊1,836円で全てのカランメソッド全てのレッスンを希望する場合は12冊必要です。

『月会費プラン』はポイント制となっていて、毎月400ポイントが付与されます。

1レッスンを受ける際に、一般的な講師の場合は「50ポイント」、人気の高い講師の場合は「75ポイント」、他の教師にも教育しているような知識と経験のある講師の場合は「100ポイント」が必要です。

 

QQEnglishのオススメ教材・カリキュラム

QQEnglishを検討している人は『カランメソッド』が気になっている人が多いと思います。ハッキリ言うと、色んなカリキュラムも用意されていますが、QQEnglsihの最も魅力的ものはカランメソッドです。

なぜなら、今のところカランメソッドを毎日やって最も安い費用で受けれるのはQQEnglsihだからです。

カランメソッドで一気にレベルアップ

カランメソッドはとにかく英語をシャワーのように浴びるようになるので、初めはついていくのが精いっぱいになる人が多いようです。

講師はゆっくり話すことはせずに、通常の会話より早めのスピードで質問をしてきます。それを生徒が素早く返答し、講師はそれを手助けするという流れを繰り返していきます。

それを繰り返していくことによって、反射的に英語で答えれる「英語脳」を作っていくというものです。

カランメソッドの注意点

カランメソッドはまったくの英語初心者には向いていません。中学レベルの文法とボキャブラリーは持つようにしておきましょう。TOEICで言えば、500点くらいが目安になってきます。

あと、継続していくことがカギになるのですが、レベルが上がっていくにしたがってレッスンについていけなくなる受講者もいます。

そのまま無理して継続しても、知識やスキルを消化しきれません。

そうなった場合の対処法としては、いったんカランメソッドのレッスンを止めて、文法の理解を深める時間を設けることが、効率的にカランメソッドを行うために必要です。

QQEnglishの無料体験レビュー

無料体験はカランメソッドではなく、無料体験用のテキストにそって受講者のレベルチェックをしていくレッスンとなります。

無料体験の申込方法

無料体験を行うためには会員登録をまず行う必要があります。会員登録には名前、メールアドレス、電話番号、そして『Skypeアカウント』を入力します。

Skypeアカウントは必須となっていますので、Skypeを利用したことがない人はSkypeの登録と設定が必要です。

会員登録が完了したら、次にレッスンの希望日と時刻を選択します。初回のレッスンに関しては講師を選択できません。予約が完了すると、予約時間の10分前に日本人ガイドからの連絡があり、通信状況の確認などがあります。

QQEnglish(会員登録)

無料体験に必要なもの

オンライン英会話が可能なデバイス(デスクトップPC・ノートパソコン・タブレット・スマホ)、Skype、ウェブカメラ、ヘッドセットです。

Skypeのアカウントが必要となりますが、QQEnglishのホームページにも詳しい記載が書かれています。

ヘッドセットに関して、マイクとスピーカーが内蔵されているPCを使用するのであれば特に不要ですが、QQEnglishは使用を推奨しています。私の場合、ヘッドセットを購入しましたが使ったことは一度しかありません。ノートパソコンに内蔵してあるのでそれで十分です。

講師はカランメソッドに慣れている感じだった

講師は選べませんが、QQEnglishの講師はすべてTESOLを取得しているため、特に私としての希望もありません。ただ、いきなり新米の講師や変な講師でお客さんを逃すようなことはしないだろうなという心構えではいました。

女性の講師の方でしたが、フィリピン人らしく明るい方でした。

レベルチェック的なレッスンだったのですが、レッスンが進むうちに私自身のミスなども指摘してくれました。Skypeにはチャットボックスもあって、そこに間違えた箇所と正しい表現方法を記載してくれました。

少し早口だったかなという印象だったので、後で聞いてみたらカランメソッドも担当しているとのことでした。それだけ、QQEnglishがカランメソッドに力を入れているんだということを実感しました。

レッスン後は日本人の方から簡単なアンケートがあります。そして、カリキュラムについて説明がありますが、私の場合はレベル5か6から始めるのが良いそうで、ビジネス用のカランメソッドをオススメされました。

なお、無料体験2回目のレッスンは講師を選択できます。

2回目の無料体験レッスンが終われば、マイレッスンページから学習プランを申込むことができます。その後は本格的にQQEnglishを開始することができます。

 

まとめ

日本人に苦手なスピーキングを鍛えるために、QQEnglishのカランメソッドは効果的なことは説明した通りですが、もっと重要なことがあります。

それは英会話を継続することです。

ダイエットでも英会話でもそうですが、継続することって難しいですよね?これに関しては、これに関しては徐々に生活スタイルを変えていくしかありません。

ハードルを低くすることをオススメします。「一日2時間英会話の勉強をする」と言ってできる人はそう多くありません。しかし、一日10分ならどうでしょうか?

個人的には、一日1回というくくりでもよいと思います。

電車でもトイレでもスマホで英語を見ることを勉強とするのであれば、誰にでも継続できるはずです。手軽にできる成功体験を積み重ねることが継続するために大切です。

オンライン英会話の場合も一日1回のレッスンというとハードルを高く感じる人が多いようです。しかし、オンライン英会話でも一日1回、前回習ったことをサラッと見直したり、とにかく触れることを1回の勉強とカウントしてみてください。

誰だって初めはみんな初心者です。小さな小さなハードルを越えて、成功体験を積み重ねていくことが、英語を話せるようになるコツです。