幸せとは何か?「世界一貧しい大統領」ホセ・ムヒカのリオ会議のスピーチ(日本語全文)

ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ。彼が大統領の時に演説した内容は、テクノロジーや経済が発展した現代の私たちにとってとても考えさせられる内容で、世界の人は彼のスピーチに感動しました。

2012年6月、ブラジルのリオデジャネイロでリオ+20とい会議が開かれました。国際連盟が主催する、環境会議で当時のムヒカ大統領が行ったスピーチは私たちが頭の片隅にもおいておきたい内容です。今回はこのスピーチについて掲載します。

今日はいい一日になるよ

「幸せとは何か」ムヒカ大統領のスピーチ全文

会場にお越しの政府や代表者のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。

私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみさまにも感謝いたします。

国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。

午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。

私たちの本音は何なのでしょうか?

現在の裕福な国々の発展と消費モデルをマネすることでしょうか?

質問させてください。

ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るでしょうか。

同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70~80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか。

可能ですか?

それとも別の議論をしなければならないでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子ども、資本主義の子どもたち、すなわち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作ってきたのです。

マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?

あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で、「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?

どこまでが仲間で、どこまでがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。

その逆です。我々の目に立つ巨大な危機問題は環境問題ではありません。政治的な危機問題なのです。

現代にいたっては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールし切れていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。

私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。

幸せになるためにこの地球にやってきたのです。

人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。

命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放りだしているのです。

消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。

消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるたけには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければいけません。

ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです。

そんな永く持つ電気はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。

人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。

悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。

これはまぎれもなく政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。

マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。

私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロス※1、セネカ※2やアイマラ民族※3までこんなことを言っています。

(※1エピクロス・・・古代ギリシャの哲学者。※2セネカ・・・ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人。※3アイマラ民族・・・南アメリカのボリビア、ペルーやチリのアンデス地域に住む先住民族)

貧乏な人とは、少ししか持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合をそういう気持ちで参加しています。

私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境問題が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。

そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。

私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、1300万頭の世界でもっとも美味しい牛が私の国にはあります。

ヤギも800~1000万頭ほどいます。

私の国は食べ物の輸出国です。

こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同士である労働者たちは8時間労働を成立させるために戦いました。

そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。

しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。

なぜか?

バイク、車などのリボ払いやローンを支払わないといけないのです。

毎月2倍働き、ローンを払っていったら、いつもの間にか私のような老人になっているのです。

私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして、自分にこんな質問を投げかけます。

「これが人類の運命なのか?」私の言っていることはとてもシンプルなものですよ。

発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。

発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。

愛、人間関係、子供へのケア、友達を持つこと、必要最低限のものを持つこと。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからなのです。

環境のために戦うのであれば、幸福こそが環境の一番大事な要素だということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

ホセ・ムヒカの略歴・人物

・本名:ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ(1935年5月20日生まれ)、バスク系ウルグアイ人。2009年11月の大統領選挙に当選し、2010年3月~2015年2月までウルグアイ大統領を務める。

・1960年代、大学卒業後に当時の政治体制に反対する南米最強とされていた極左都市ゲリラ、ツパマロスの活動に従事。その後、ウルグアイ国内の腐敗する政治経済に対して襲撃・誘拐に携わり、6発の銃弾を受け、4度の逮捕、2度の脱獄を経験する。1972年に逮捕された後、軍事政権が終わるまで約13年投獄される。

・出所後、ゲリラ仲間と左派政治団体を結成し、1995年の下院議員選挙で初当選。2005年に農牧水産相として初入閣。2009年に大統領選で勝利し、2015年2月までウルグアイの大統領となる。

時代背景としては、激動の人生を歩んできたかのように思われますが、60年代は共産主義、資本主義、軍国主義などそれぞれに思想をもった人が世界中にいました。ウルグアイも例外ではなく、若き頃のホセ・ムヒカは人々の富の分配が平和をもたらすと共産主義を信じ、政治の腐敗に対して社会活動に携わった人物です。

日本のテレビのインタビューでは、過去の経験から思想の変化だけでは人は変わらず、文化自体を変えていかなければならないと答えています。そのインタビューでは若いころに日系人に花の栽培を方法を教わり、それを売って家計を助けていたことや、造船を製造するため日本人技術者も身近にいたと日本人との関わりについても話しています。

ウルグアイのある一般男性が職場に入れず、いったん帰ろうとヒッチハイクをして帰ろうとしました。何台か通過して、一台の古い青い車が止まり、乗車した際に彼は驚きました。運転していた人物こそ当時大統領だったムヒカ氏だったのです。一国の大統領がヒッチハイクをしている人を車に乗せたといことで、広くニュースで取り上げあられたこともあります。

なぜ「世界で最も貧しい大統領」と言われたのか

大統領になった時にも、給料の約9割を社会福祉へ寄付し、ウルグアイの平均年収と同じにして月10万円程で生活し、「世界で最も貧しい大統領」と言われるようになりました。

通常の国であれば、大統領は大統領邸に住むのが一般的ですが、ムヒカ氏は農園で暮らし、家には水道はなく井戸水で生活をしていました。

『世界で最も貧しい大統領』と言われていることについてムヒカ氏はテレビの取材にこう答えています。

「豊かさというものをみんな勘違いしていると思う。大統領は”王家のような生活”、”皇帝のような生活”をしなければいけないと思い込んでいるような気がするんだ。私はそうは思わないんだ。大統領というのは多数はが選ぶのだから、多数の人と同じ生活をしなくてはいけないんだ。国民の生活レベルが上がれば、自分もちょっと上げる。少数派じゃいけないんだ。」

国を治める者の生活は、その国の平均でなければいけないということです。それが、命を懸けて、権力の腐敗と戦ってきたムヒカ氏だからできる政治家としてのスタイルなのかもしれません。

マルタで経験した「幸せ」の考え方

マルタに留学した時にも似たような言葉を聞いて、はっと気づかされたことがありました。

幸せとは

 

これは実際に、マルタの語学学校の授業で出てきたディベートの時の2つの引用です。

“Happiness will never come to those people who don’t appreciate what they already have”「幸せはすでに自分が持ってるものに感謝をしない人には現れない」

“The happiest people don’t necessarily have the best of everything: they just make the best of  everything they have”「最も幸せな人は必ずしも最良のものを取り揃えているわけではない。つまり、自分が持っているすべてのものを最良のものにしているだけだ。」

自分が持っている身近なもの、身近な人、身近な暮らしについて幸せを感じることができるかどうかが重要だと私は理解しています。

私自身は幸せに対して鈍感で、人にあるものがいつも羨ましいと思うタイプの人間です。なので、私は「小さな幸せ」を感じることを実践しています。

それはごくごく簡単なことで、例えば、

雨上がりの次の日に空気が澄んでいると他の雑多なことを忘れて深呼吸して「空気がきれいだな」とリラックスしてみること。

綺麗に咲いている花を見て、何も考えずに「綺麗だな」とただただ感じてみること。

街中でタイプの女性がいたらどうせ彼氏がいるんだろとか、性格悪そうとか思わないでただただ「かわいいな綺麗だな」と何も考えずに感じて、その瞬間に満足してみること。

余裕のなかった私にとっては、こういった「小さな幸せ」を発見する作業が、少しずつ私の乾いた感性を潤してくれるようになりました。

まとめ

「貧乏な人とは、少ししか持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」私たちにとっては、これは当てはまるのではないでしょうか。

仮にお金が最も大事だと思い、お金は幸せを運んでくれると信じ、一生懸命働いた結果、友達も、家族も、子供もいない人生なら、過去を振り返った時に何が幸せだったと思えるのかを考えただけでぞっとします。

20代の頃の私はそう信じていました。それは資本主義で競争社会の日本に生きていて、世の中の風潮がそうだったので、当然と言えば当然です。

大きな会社を辞めて、好きなことは何かを考え続け、自分の幸せとは何かを思った時に、お金の大事だけれども、それが一番ではないことに気付かされました。今、結婚して、子供がいたならお金の大切さの優先度はも少し高いと思います。

しかし、ホセ・ムヒカ氏の考え方に共感します。どれだけお金を持っていても、人間は満足することのない生き物だと思うからです。

私は大学時代に心理学を専攻していて、ゼミを担当してくれた教授は当時「幼少期の愛着」について研究していた女性の先生だったので、授業で受けたこんな話が印象に残っています。

子どもが学校のテストが良い結果を出した時に、どうやって褒めるのかという話です。

親であるAさんはお金で自分の子どもを褒め、Bさんは言葉と感情で自分の子どもを褒めることによって、子供がどのようなやる気の違いを見せていったかということです。

Aさんの子どもはお金をもらい喜びましたが、継続して良い結果がでませんでした。しかし、良い結果が出るたびに金額をあげていくと、良い結果が出続けましたが、お金を与える金額には限界があります。

しかし、Bさんはひたすら言葉と感情によって褒めるのみで、子供は学校のテスト結果がよりよくなっていきました。

つまり、子どものやる気という面でもお金だと限りない欲が出てしまうということです。しかし、愛情で表現されることに関してはやる気は継続できるのです。

こういった話からも人間を動かす原動力となるのは、お金よりもやはり人間なんだなと感じざるを得ません。

お金をすべて否定しているわけではありませんが、人生を生きていくうえで、人間が本来必要なものに対してバランスよく保っていくということも大切なのではと思います。

ホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領の関連書籍

 

Follow me!

オンライン英会話 ネイティブキャンプ

・業界初の定額レッスン無制限(レッスン単価最安値!)
・オンライン英会話で1番面倒な「予約」が不要(業界初!)
・いま登録すれば1週間すべてのレッスンが無料!
・専用アプリ(iOS)でスマホ、タブレットからもレッスン可能
・Skypeのインストール不要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です