アメリカ社会が垣間見えるドッキリ番組 “What Would You Do?”「あなたならどうする?」

アメリカ社会が垣間見えるドッキリ番組 “What Would You Do?”「あなたならどうする?」

日本でもドッキリ番組は多いですが、芸能人をターゲットに笑いを求めるものが多いと感じます。しかし、ABCが放送している”What would you do?”という番組はもっと社会的な問題を取り上げ、一般の人がどのように反応するかを視聴する番組です。

アメリカの人気番組の一つですが、アメリカの社会がどのような問題を抱えているか、世間一般の人がそれに対してどう考えているかがよく分かります。

私も一人の英語学習者として、面白いテレビ番組があるから見てみようということで見始めましたが、それ以上に見る価値がある番組だと思うので今回はこのテレビ番組を取り上げてみたいと思います。

filming

“What Would You Do?”とは?

笑いの要素はほとんどなく、差別や嫌がらせ、偏見と言ったことを実際にレストランやバー、ショップなどで俳優や女優が演じ、周囲の一般人がどのように反応するかを見ていきます。

そして、最後にMCのジョン・キオーネ氏が登場し、ネタバラしをしてどうのように感じたかをインタビューするというものです。

内容の例をいくつか挙げると、次のような状況の時に「あなたはどうする?」ということがテーマになります。

・ムスリムのカップルがレストランの店員に差別される

・障がい者や精神障害者がレストランやスーパーで働き侮辱的な言葉を受ける

・白人と黒人が結婚することに親に反対される

・トランスジェンダーの人が店員に服の販売を断られる

これらの内容は、日本人の我々が見ても明らかに人道的におかしいと感じることがテーマでありますが、たまにテーマが声を上げて反対するべきか、そうでないべきか微妙なものもあります。

また、「フードスタンプ」はアメリカで貧困層を支援するための社会制度です。日本でいえば、生活保護に近いのですが、アメリカの場合はお金ではなく、チケットを渡し、アルコールやタバコ、ドラッグなどが買えない仕組みとなっています。このようにアメリカ社会を理解したり、知識を増やしたりするうえでも参考になるテーマもあります。

この動画を見て、アメリカ人の価値観や社会観を見ることができると同時に、差別に対する考え方を理解することができます。

日本語字幕もあるので見てみよう

多くはありませんが、Youtubeでも日本語字幕にしているものもあるので、いくつかピックアップしてみました。英語を学習している人は、オリジナル版も見てみると良いでしょう。

●人種差別(アジア系アメリカ人)

●ホームレス(ニューヨーク)

●障がい者(ダウン症)

アメリカ独特の考え方もある

日本人が見るとどう考えても賛同できないテーマもあります。それは「銃」についてです。

お父さんが7歳の子供の誕生日に銃をプレゼントしますが、まったく知らないお客さんが「ちょっと待って!こんな小さな子供に銃をプレゼントなんて本気!?」と割り込んできます。このお客さんとお父さんが子供の銃の所持についてちょっとした口論となるのですが、子どもの銃の所持について「賛成」か「反対」かがこの回のテーマです。

結論からいうと、子どもの銃の所持に一般のお客さんは賛成でした。適切な使い方をしていれば問題ないという意見が多数です。何の店と呼べばいいのか分かりませんが、銃専門店と思われる店でこの議論が起きているので、銃所持に賛成の人が多いのもうなずけますが、7歳の子供が銃を所持することに対して、もしこれが日本なら圧倒的に反対派が多数でしょう。

少し前の動画になるので、今、これをするとどうなるか分かりませんが、おそらくそれほど変わらない意見が多いのではないかと思います。

●Too Young to Shoot Guns?

 

アメリカ社会が銃社会であることは、みんなが知るところではありますが、今まで何度も銃に関する事件が起きているのに、これほど銃に寛容な社会であることは正直あまり理解ができません。

色々とご意見があるとは思いますが、個人的にはどうしても「銃は人の命を奪うことができる道具」という認識がぬぐえないので、この動画に関しては私は女性側、反対の立場です。

まとめ

“What Would You Do?”を学習に使うことはあまりオススメしませんが、実際の会話に使える表現も多いと思います。

個人的には、このテレビ番組ではよく”Sir”,”Ma’am”という表現がでてきますが、知らない人に敬意を表現しながら呼びかける言葉ということを学びました。それと似ている表現として”Bro”という表現が出てくるのですが、知らない男性にフランクに話しかける時によく使われる表現だなと理解しています。

動画の内容に関してですが、こんなことが実際の生活で起こりえるのかなという内容も結構あるけれども、差別や偏見に立ち向かう人を見て、感動する場面も多く泣けてくることも多いです。

個人的にもっとも感動したのは、彼氏による家庭内暴力を受けている女性を助けるシーンです。白人カップル、黒人カップルの両方のケースがありますが、後者のケースでお客さんである女性が立ち向かうシーンは感動的です。

 

アメリカでも人気の番組なので興味のある方は一度、ご覧いただければと思います。

ビズイングリッシュ(BizEnglish)

継続率は90.9%, 満足度も97.3%と非常に高くなっています。
「何年英語を勉強しても身につかない。」「英会話スクールに通っても思うように話せない。」など、これまで成果が出なかった人、継続できなかった人もご満足しています。

ビズイングリッシュの一番の特徴は、生徒にとって必要かつ興味のある話題でレッスンを進めていくところです。
『ビズイングリッシュ』では、毎日決まった時間にオンラインで50分のレッスンを受ける仕組み。
英語を生活の一部に取り入れて「必ずやる!」という習慣をつけ、初心者でも3ヶ月間で使える英語をマスターすることが可能です。