イタリア人はサッカーに興味がない?

イタリア人はサッカーに興味がない?

soccer

イタリア人はサッカーに興味がない?

2018年ロシアでワールドカップが開催されますが、その予選でサッカーファンには衝撃的な出来事が起こりました。サッカー好きな人であれば知っていると思うのですが、イタリア代表は優勝常連国にもかかわらず、1958年以来60年ぶりにワールドカップ予選を勝ち上がれませんでした。

私がマルタにいた頃は、ワールドカップ予選中だったので、サッカーのニュースを見ることを楽しみにしていたのですが、イタリア人の友達たちはサッカーにまったく興味を示しません。

マルタで出会ったイタリア人の友達

マルタに留学中には、何人かのイタリア人と友達になりました。一番初めのルームメイト(同じ部屋の人)はイタリア人でしたし、彼が去った後、新しいイタリア人2人がフラットメイト(同じアパートの人)として同じアパートで生活していました。クラスメイトも何人かイタリア人がいました。

私の経験上、おそらく地理的に近いということもあると思いますが、マルタに留学しにくるイタリア人は多く、ヨーロッパから来る学生の中でも一番多かったように思います。

サッカーの記事を教室でみていると・・・

日本代表がロシアワールドカップに決定したという記事を、スマートフォンで授業が始まる前に教室で見ていました。日本代表の出場が決まったということで、おそらく私はニヤニヤしながら嬉しそうに記事を見ていたと思います。

すると、仲の良かったイタリア人の女の子が寄って来て「What are you doing?」(何しているの?)と声をかけてくれたので私は「I’m reading the article about football.」(サッカーに関する記事を見ている。)と答えました。

すると「Shin, you are boring.」(シン、あなたはつまらないわ)と一蹴・・・・。

勝手な思い込みをしていたのですが、イタリア人ってほとんどの人がサッカーを好きか、もしくはサッカーを応援していると思っていました。ここまで、否定されるとは正直、想定していませんでしたね。

最近のイタリア人はサッカーに興味がないのかもしれない

私がマルタで会ったイタリア人でサッカーが好きな人はひとりもいませんでした。会ったイタリア人が特殊なのかどうか分かりませんが、スポーツは好きでも自転車が好きだったり、丸太を運んでタイムを競うというよく分からない競技であったり他のスポーツに興味があるようです。

私はサッカーが好きなので彼らとサッカーの話しをすることはありましたが、すぐに違う話題に変わります。サッカーが強い国だからといって、必ずしもサッカーが興味があるわけではないことに驚きました。

まとめ

マルタ留学中に5人のイタリア人と仲良くなったのですが、全員サッカーに興味なし。確かに日本人で野球の話に興味があるかどうか5人に聞いて全員が興味ないことはあると思いますし、こういうことも起こりえるのかなと感じます。

ただ、南米の人は男女ともほぼ全員が何らかの話しができて興味があるようでした。ブラジル人は「ネイマールは痛がりすぎ」とかよく話していましたし。イタリアと南米にはサッカー熱に差があるようです。イタリア代表がワールドカップで予選落ちした理由が少しわかったような気がします。