vipabcの料金やレベルは?オンライン英会話歴2年の私の体験レビュー

vipabcの料金やレベルは?オンライン英会話歴2年の私の体験レビュー

オンライン英会話の必要性を感じ始めたのは、英語の勉強を再開した1年後。

TOEICの受験のために文法や単語、リーディングを中心にしていましたが、英会話のレベルが上がっているように感じない。。。

そんな時、よく行くカフェバーで一人のラトビア人と出会いました。

彼女は日本語を学びに語学学校に通う生徒でしたが、英語も堪能です。英語のプライベートレッスンの先生をしていて、私も教えてもらうことになりました。

初めは簡単な英語でも何を言っているのか分からず、かなり戸惑いました。それでも週に1回のレッスンを受けて、少しずつだけれども、会話ができるようになってきた感覚はありました。

しかし、レッスン開始から半年後、彼女はラトビアに帰ることになり、英語を話す機会が失われてしまいます。

「もっと外国人と英語を話してコミュニケーションを取れるようになりたい!英語を話す機会が欲しい!」と考えた私は、通学する英会話学校より安いオンライン英会話をすることにしました。

これまで2年間、10以上のオンライン英会話を受けてきたことで、日常会話には困らない程度の英語は身につけました。マルタ留学やヨーロッパをバックパックした経験でさらに自分の英語に自信がつきました。

その後、日本に帰ってきたものの、英語を話す機会が少ないため、これまでしてきたようにオンライン英会話で英語の維持・向上を検討しています。

そして、『vipabc』(ブイアイピーエービーシー)という斬新なオンライン英会話に出合えたので、その体験レポートをここに記載していきます。

 

 

vipabc

vipabcの概要

レッスン時間帯24時間
予約締切24時間前まで
支払方法クレジットカード、銀行振込
レッスン形式マンツーマン、グループ
レッスン時間1回45分
講師の国籍80ヵ国100都市以上(ネイティブ講師中心)
日本語可能講師なし
講師の勤務地オフィス勤務、在宅
日本語サポートあり
スマートフォンでのレッスンiphone対応、Android対応
無料体験レッスンあり
入会金なし
教材費なし
レッスン内容・教材・オーダーメイド授業
・vipabcのオリジナル教材20分野
料金システム定額制(月謝制)
プラン・費用【楽々プラン】
※ポイント制
総額:285,000~624,000円(税込)
月額:14,000円~28,000円(分割時)
【セットプラン】
※回数制
総額:138,000円~378,000円(税込)
月額:11,500円~17,500円(分割時)
【短期集中プラン】
※受け放題
金額:285,000円(税込)

vipabcの読み方が気になるところですが、「ブイアイピーエービーシー」と読みます。

vipabcの特徴

ここでは、vipabcが他のオンライン英会話とは異なった特徴について、詳しく見ていきます。

語学コーディネーター

vipabcでは専属のコーディネーターが担当してくれることになります。カリキュラムや学習方法についての相談をするだけではありません。

一定期間レッスンを受講していないと電話でフォローしてくれるなど、サポートが充実しています。

初心者がオンライン英会話で基本的な英会話ができるようになるまでには100回のレッスンを効率的に受けていく必要があります。

週に2回のペースで1年間続ける計算ですが、もちろん、これまでの学習状況などで個人差もあります。しかし、MDD研究所の調査によるとオンライン英会話の継続率は7割が3ヶ月で辞めてしまっているというデータがあるくらいです。

これは何もオンライン英会話に限ったことではなく、新しい取り組みを継続していくってかなり難しいですよね?

コーディネーターがいることで、学習プランだけでなく、効果的かつ継続的な学習が可能となるので、彼らの存在は学習者にとってとてもありがたい存在です。

予習も復習も便利な独自システム

vipabc予習・復習

インターネット回線とパソコンかスマホかタブレットがあれば、いつでもどこでも受講が可能です。これは単にレッスンがどこでも受けれるというものではありません。

受講したレッスンはすべて動画で保存されます。さらにレッスン中に使用したテキストの書き込みもダウンロードできます。45分とオンライン英会話の中ではレッスンが長めなのですが、復習をどこにいても効率的に行うことができます

そして、レッスン開始の60分前から予習をすることもできる機能があり、レッスン終了後には確認問題を受けることで、学習効果をより高める仕組みになっています。

一度受けたレッスンが無駄なく学べる仕組みになっているというわけですね。

講師の質は業界No1

といっても過言ではありません。

教師はオンライン英会話にありがちな、フィリピン人やセルビア人といった英語を第二言語とした講師ではなく、基本的にネイティブ講師とのレッスンを受けることになります。

しかも、彼らはTESOLという英語教授資格を全員が持っています。つまり、英語を教えるプロの資格を持っているということです。

私が注目したいのは、彼らはそれぞれにバックグラウンドがあるということ。講師は多彩な職務経歴があるため、医療、法律、会計、IT、ファッションなどあらゆる分野のことを知っています。

そのため、専門的で本格的な英語を学べる講師がそろっています。しかも、講師の95%以上は講師歴3年です。

レッスン後には講師に対して生徒側が評価できる仕組みとなっているため、これもかなり大きなポイントです。生徒本位で分かりやすい授業を展開する力のある講師しかレッスンを提供していないと考えてよいでしょう。

講師の数も2016年は1万人、2017年には1.5万人、2018年には2万人を超えていますので、予約が取れなくなる心配もなさそうです。

レベルアップ保証・奨学金プログラム

vipabc(レベルアップ保証)

返金保証ではありません。所定のレベルに達すれば、奨学金としてキャッシュバックがある制度、そして、所定のレベルに生徒が達成できなければ無料でレッスンを受け続けることができる制度です。

「早めに所定レベルを達成してキャッシュバックをもらおう」とモチベーションを維持することもできますし、「金を払って真面目に受けているのに英語力が上がらない」という不満や不安を解消することができます。

他のオンライン英会話ではレベルが上がっても上がらなくても責任をもたいないのが普通です。しかし、vipabcは生徒のレベルが上がるまでとことん付き合うという姿勢を見せてくれています。

少し費用が高めですが、レベルアップを保証されていることが自信のある証拠です。

キャッシュバックの『金額』や『所定レベル』については、プランや生徒の英語力によってが設定されています。

▶vipabcの『レベルアップ保証・奨学金プログラム』の詳細はこちら

 

運営会社が凄すぎる

vipabcはiTutorGroupという台湾の会社が運営していますが、そもそも日本の知名度はそれほど高くありません。しかし、この会社とてつもなく凄いんです。

時価総額10憶ドルを超える超ビッグ企業で、ゴールドマンサックスやアリババなどから多額の融資を受けています。エドテック(エデュケーション+テクノロジー)企業、つまりITを駆使した教育企業として世界で最も大きな会社として知られています。

vipabcのシステムと料金

vipabcでは「少人数レッスン」を推奨していますが、「スペシャルプライベートレッスン」つまりマンツーマンレッスンを選択することも可能です。

コーディネーターによるとマンツーマンレッスンよりも少人数レッスンの方が学習効果が上がるというデータもあるそうです。個人的にはvipabcが推奨している最大6名による「少人数レッスン」をメインで受けた方がよいと思います。

vipabc(グループレッスン効果)

実際にオンライン英会話でマンツーマンレッスンを受けて、マルタ留学でグループレッスンを受けた結果からいうと同じレベルの生徒が集まるレッスンの方が英会話力はアップすると感じます。

他の生徒が言っている内容を聞いて「こういう言い方ができるんだ」と実際に感じることで、それを自分が英語で話す時に活かすことができるからです。小さな子供が言語を学ぶ過程に似たような感じだと思います。

学習プランとしては、無料体験の時に復習を中心にするようコーディネーターから指示がありましたので、vipabcでは復習中心の学習になります。

『予習・レッスン・復習』が一つのサイクルとなっていますが、真っ新な状態でレッスンを受けることで、実際に役立つ英語を身につけられるため、予習は特に不要とのことです。

vipabcでは「DCGS」(Dynamic Course Generation System)と呼ばれるマッチングシステムがあり、レベル・スキル・職種・業種・好みのジャンルを考慮して最適なレッスンが提供されます。

そのため、生徒があれやこれやと迷いながらレッスンを探す無駄な時間が必要はありません。

「DCGS」では講師や他の生徒とのマッチングも自動的に行われますが、万が一、合わない講師や生徒がいた場合はレッスン後にフィードバックすることができ、次回以降、嫌だと感じた講師や生徒と一緒のレッスンにはならないような仕組みになっています。

料金設定は、ホームページのよると以下の通りです。

プラン 受講タイプ・料金
楽々プラン タイプ:ポイント制
受講頻度:1~3回/週
レッスン単価:1,950円~2,850円
総額:285,000円~624,000円(税込)
月額:14,000円~28,000円(分割時)
セットプラン タイプ:回数制
受講頻度:週1~3回以上/週
レッスン単価:1,750円~2,300円
総額:138,000円~378,000円(税込)
月額:11,500円~17,500円(分割時)
短期集中プラン タイプ:受け放題(90日)
受講頻度:週10回以上(目安)
レッスン単価:受講するほどお得
金額:285,000円(税込)

コースの種類や契約期間位よって、料金は変わります。無料体験レッスン後、コーディネーターの方にセットプランの12カ月をオススメして頂きました。月額は11,500円なので、通学していく英会話学校に比較するとかなり安いと思います。

vipabcの解約方法と返金

コーディネーターの方によると、一括で費用を支払ってしまった場合でも、途中解約すると費用はある程度戻ってくるようです。解約ができる条件は契約期間が2カ月を超えて、契約金額が5万円を超える場合とのことです。

vipabcを一切利用していない場合は「15,000円」の解約手数料が必要で、利用している場合は「レッスン数×3,000円」と「5万円、もしくは契約残高の20%」が請求されます。

つまり、途中解約はよほど望まない限りしない方がよいということですね。

そのためにも、「vipabcが良いと聞いたからすぐにやってみよう」というのではなく、無料体験を一度やってみてからしっかり決めるようにしてください。

 

vipabcの無料体験レポート

vipabc(無料体験の流れ)

vipabcの無料体験は他のオンライン英会話とは異なります。

ホームページから簡単に申し込むことができますが、私の場合は申込後、3度電話がかかってきました。初めて電話があったのは登録した直後で、レッスンの日程を調整するための電話でした。

その後、レッスンの前日とレッスン開始直前にリマインドのための電話がかかってきました。これを丁寧だと感じるか、しつこいと感じるかは人それぞれだと思いますが、私は丁寧に対応してくれているなという印象を受けました。

無料体験は1時間ほどでしたが、講師によるレッスンは約15分でした。講師はこちらの顔を見えないようなのですが、生徒は先生の顔を見ながらレッスンをすることができます。

自分の画像映りをいちいち確認したり気にしたりする時間を無駄にしないために、あえて生徒側の顔を見えないようにしているとのこと。女性であればメイクを気にする人もいますが、こちらの顔は見えていませんので、朝起きてからすぐにレッスンということもできそうです。

無料体験の流れとしては、コーディネーターの方がvipabcの使い方などの説明があって、その後レッスンを受けます。それから再度コーディネーターの方から学習プランやレベルについての説明がありました。

vipabcに向いている人

時間を有効活用しながら勉強をしたい人は特にvipabcはおススメできます。

なぜかというと、vipabcは復習する仕組みがどのオンライン英会話よりもしっかりしているからです。

まず、レッスン動画はすべて録画されています。独自のシステムを使用していて、講師が言って分かりずらかったことや自分の発音なども後で確認できる仕組みになっているので、1回の授業で吸収しきれなかったことを後で拾い上げることができます。

そして、講師が生徒の理解度に合わせてレッスン中に書き込んでくれた内容や線を引いてくれたところなどをダウンロードすることもできます。スマホやタブレットに転送しておけば、隙間時間に確認をすることが可能です。

ネイティブ講師を希望している人にとってもvipabcはオススメできます。

ただし、とにかく量をこなすことで、英会話力を高めたい人にとっては少し物足りないかもしれません。一つ一つ丁寧に消化していきたいという人にはかなり良いオンライン英会話です。

レベルに関しては英会話初心者・中級者・上級者は関係なく学習できるようになっています。

まとめ

vipabcの使い勝手に関しては、どのオンライン英会話よりも使いやすいなという印象です。

英語の勉強をいざ始めようと思っても「続けれるか不安・・・」と感じますよね?第三者の人から後押ししてもらいながら学習を進めることができるってオンライン英会話では画期的ではないでしょうか。

「継続は力なり」と言いますけど、英会話に関しては本当にこれが重要となります。vipabcでは授業をしばらく受けてないと電話かかってくるなど、コーディネーターのサポートがしっかりしているので、継続するためのモチベーションを与えてくれます。

レッスンに関しては実際に無料体験を受けてみて、世界的な規模のオンライン英会話だけあって、ノウハウはしっかりしているという印象です。

英会話をやりたいなと思った時が、英語力を伸ばすチャンスです。

英語はコミュニケーションツールですが、そのツールを使って世界中の人と友達になることができました。

英語をビジネスで使うのか、旅行で使うのか、趣味で使うのかは人それぞれですが、英語を話せるようになると自分に自信がつき、世界が変わると確信しています。

「できるできない」は関係ありません。『やるかやらないか』が英語を話すための大切な要素です。