マルタでスマホを使う

マルタでスマホを使う

パソコンとスマホ

マルタでスマホを使う

海外用のレンタルWiFi

日本から持っていく携帯電話やスマホのデータ通信となるとかなり金額が高いです。一週間以内の旅行であれば、各キャリアが扱っているような海外パケットサービスがありますが、一日1,000~3,000円ほどになります。

もう少し安くしたいのであれば、海外専用のルーターを日本にいる間に借りると比較的割安にスマホを使うことができます。これを利用する場合は一日500円~1,500円程度に抑えることが可能です。旅行や出張で短期で使用するならこれでも良いと思います。





カフェ・レストランのWiFi

マルタだけでなく、他のヨーロッパの地域もそうなのかもしれませんが、WiFi事情に関しては日本より充実していると言えます。カフェやレストランに行くと必ずと言っていいほどWiFiが設置されています。

パスワードがあるのですが、店員さんに「この店のWiFiのパスワードを教えて欲しい」と伝えると、教えてくれます。

公共のWiFiを使う

ホテルのWiFi

語学学校のアパートに入る前、航空券の日程の関係でホテルに2泊滞在していましたが、ホテル内もWiFiを使うことが可能でした。これは、トリップアドバイザーなどで事前に調べてWiFiの有無を確認していたいのですが、大抵のホテルでは使用することができるようです。

ただし、WiFiを部屋でも利用したのであれば、ホテルの予約時に気を付けなければいけません。フロントやロビーのみ利用が可能か、もしくは部屋でも利用可能かというところです。

私の場合は部屋で使用ができませんでした。もし、部屋で利用したいのであれば一日につき35ユーロ必要だと言われたので、部屋での使用は諦めました。

空港でのWiFi

空港も無料のWiFiが設置されていますので、使用することができます。フランクフルト空港の場合はメールアドレスの登録が必要になるので、登録後に使用することが可能です。

マルタのルカ空港の中もWiFiが使える場所があります。使える場所にはその表示がされてあります。

マルタの歩道や道路

基本的には無料のWiFiやデータ通信はありませんので使用できません。歩道や道路の側のレストランやカフェ、ホテルの付近では使用可能ですが、パスワードが必要となります。

プリペイドSIMを購入する

マルタでプリペイドSIMを購入することで、自分が普段使っているスマホのSIMと交換するだけで使用することが可能になります。その場合は、番号がマルタ専用の番号になります。

また、マルタからスマホで日本に連絡することができるようになります。私の場合は、航空チケットの日程を変更するために、どうしても電話することが必要でしたので、これにしてました。

また、WiFiがない海辺や道路、グーグルマップを利用するときもこちらの方が便利です。

長期でマルタに行く場合はプリペイドSIMを購入した方がお得です。プリペイドSIMとWiFiをうまく使い分けてれるようにしましょう。

語学学校に行く方へ

マルタの語学学校へ行く場合は、入学時にSIMを貰える場合がほとんどです。初めにやるべきことにスマホをすぐに利用できる環境にしたいのも留学者の心理だとは思いますが、LINEやアプリはWiFiで利用できるので、緊急に電話連絡しなくてはならない状況意外は学校に聞いてみましょう。

プリペイドSIMを使用する際の注意点

マルタでプリペイドSIMを購入してスマホを使用する際は、注意しておかないといけない点があります。

①SIMフリーであるかを自分が使っているキャリアに確認する

私はソフトバンクでiPhoneを使用していますが、事前にSIMロック解除の申請をする必要がありました。SIMロック解除はネット調べれば簡単にできるので、必要に応じてしておくようにしましょう。

②SIMフリーでない場合やSIMロック解除ができない場合

安くてもいいので、もう一台スマホを購入する必要があります。海外で安く手に入れるという方法もあるようですが、iPhoneなどは日本と同じくらい高いです。中古品などで安ければ2,000円代でも購入することができます。

③海外に行く間に日本国内の契約を止める

方法としては、解約という方法も取ることができますが、私は『電話番号・メールアドレスお預かりサービス』というソフトバンクのサービスを利用しました(月額390円)。解約する必要がなく、日本に帰ってきてソフトバンクショップに行けばすぐに使えるようになります。

まとめ

海外でのスマホをいかに使用するかは、旅行や留学前の悩みどころだと思います。私自身が経験した中では、プリペイドSIMと公共WiFiをうまく利用してくことが結局一番安上がりだし、使い勝手がよいのではないかと思います。

プリペイドSIMに関しては、現地で申し込む際に、英語でやり取りをしないと行けないのですが、ほとんどの日本人が何とかなっていたので問題ないと思います。