マルタ留学の費用を安く手配する方法

マルタ留学の費用を安く手配する方法

留学代理店を通さずに自分で手配する

マルタへの留学を安く手配する方法は、代理店を通さずに自分で手配をするという方法です。というのも代理店は顧客と語学学校の間に入って、手配を行っているため、手数料(さまざまな留学代理店の形態がありますが、代理店を通じることで発生する費用をここでは一律に「手数料」とします)が発生します。ただし、留学代理店を通すことのメリットも忘れてはいけません。

留学代理店を通すメリット

  • 日本語でのやり取りができる。
  • 航空券や学生ビザなど、マルタ留学全体に関する手配やアドバイスをしてもらえる。
  • マルタ現地の学校とやり取りして貰えるため、安心感がある。

大きく分ければこの3点だと思います。
個人で手配する場合は、日本人スタッフがマルタ現地の学校にいれば日本語でやり取りすることもできますが、色んな学校の情報を集める際には、英語でやり取りをする必要も出てきます。
また、学校の手配だけではなく、航空券や場合によってはホテルの手配などもしなければ行けません。
あと、これが留学代理店を利用する最大のメリットだと思いますが、現地の学校とのやり取りを任せられるので、安心感があります。私の場合は代理店を通さず、個人で留学の手配を行いました。きちんと準備はしていましたが、現地に到着するまでは「騙されていないだろうか」という不安があったことも事実です。ただ、学校側とは細かく連絡を取っていたので、大丈夫だりおうという思いもありました。

個人でマルタ留学を手配するメリット

個人でマルタ留学を手配することは、それほどに難しいことではないと思っています。実際に私以外にも個人で手配している方も多くいらっしゃいます。そのメリットとしては、

  • 費用を安くすることができる
  • 自分で手配することで経験値を積むこと

この2点が大きいと思います。マルタへ留学する前に、日本の留学代理店にも問い合わせてみましたが、希望する同じ条件でも平均して2,3割程度は安くなったと思います。また、経験の面に関して言えば、マルタの学校と英語でやり取りをする中で知らない単語やフレーズを覚えたり、今までは知らなかった航空券のルールを覚えたりなど、今後の人生に役立ちそうな知識を知ることもできました。

【個人で留学を手配するのに必要な英語力】
では、英語はどの程度できればよいかということですが、私の場合は、マルタへ語学留学する前の英語レベルはTOEICで550程度と、そこまで高くはありませんでした。ただ、言語交換をするサイトやアプリなどに登録して、英語でのやり取りをしたことがあったので、英語でのやり取りは問題ありませんでした。
なので、英語でのメール文で意思疎通ができる方、そしてマルタに関する情報を調べることが苦にならない方であれば、個人で手配したほうが良いと思います。

どのような内容を問い合わせるか?

学校側のホームページに時期、コース、留学期間などの条件を選択する画面がある場合はそれに入力して返信を待てばよいだけです。その後の細かい内容や変更点がある場合は、メールでやり取りをします。E-mailで問い合わせをする場合は以下の内容を記載すれば、良いかと思います。
【氏名】
自分の名前を伝えます。
【国籍】
ビザの関係があるため、学校側が気にします。
【授業開始日】
ほとんどのマルタの学校は月曜日スタートです。まだ具体的に日程が決まってない場合は、月だけでも良いと思います。
【留学期間】
4week、8weekなど週単位で伝えましょう。
【コース】
希望するコースを記入しましょう。例)General English
【滞在方法】
学校のホームページを確認し、宿泊施設を伝えましょう。基本的にはアパート、ホームステイ、ホテルです。自分で現地の不動産屋でアパートを探す場合は、不要の旨、伝えておきましょう。

最後に

留学を検討し始めた頃、私はフィリピン留学をしようかと考えていました。フィリピン留学の場合は、留学代理店を通さないと学校へ申し込みすることができないところもありました。特にセブ島にある語学学校は学校側のホームページにも「代理店を通してください」という案内・注意喚起が掲載されていました。
マルタの場合は、個人でも簡単に留学の手配ができます。それはおそらく、マルタが世界各国から語学を学びにくるため、代理店が存在しない、もしくは少ない国もあるからだと思います。そのため、個人で手配する留学をの受け入れる体制が整っていると考えて良いでしょう。
自分で手配することが面倒でない、英語でやり取りができるという方は個人での手配を検討してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です